ryokan

あいうえおブログ!〈り〉…「旅館(りょかん)」

Posted by on November 30, 2018 – あいうえおブログ!

Click here for English version

Need Furigana?
Download Furigana Tool
Download IPA for Chrome
Download Friganify for Safari

日本を旅行するのが好きならば、旅館に泊まらない選択肢はないでしょう。

旅館とホテルの違いは何でしょうか。

1) 畳の上に布団で寝る
2) 晩ごはんと朝ごはん二食付き
3) 温泉がある(ところが多い)

caption-2

上記3点について、以下解説します。

1)2014年のある調査によると、ベッド派が50.7%と、この年わずかに布団派を抜いたそうです。布団の上げ下ろしがめんどくさいからという理由が一番だとか。でも旅館では、ご心配なく。別の部屋で、あなたが晩ごはんを食べているあいだに、誰かが布団をしいてくれます。
飲んで食べて部屋に戻ってきたら、完璧にベッドメーキングされた布団があなたを待っている。これぞ、旅館の醍醐味の一つと言っていいでしょう。

2) チェックイン時に、晩ごはんと朝ごはんは何時にするか聞かれるのが普通です。しかも、そこには、二択か三択しかなく、遅い晩ごはんも、遅い朝ごはんも許されません。
以前、スペイン人の学生から、いろいろ観光して回りたいから18時半のごはんは早すぎると言われたことがありますが、旅館の第一義は「泊まる」より「旅館ライフを楽しむ」ということなのでこれは仕方ないですね。

3) これも旅館ライフの楽しみの一つでしょう。まずは、浴衣に着替えてひとっ風呂というのが定番です。お風呂の前にお茶とお菓子を食べるのをお忘れなく。必ずテーブルの上にセットされています。もちろんタダ。これにはおもてなしの意味と、空腹で温泉に入り体調を崩す人もいるのでそれを避けため、というもう一つの大事な理由があるそうです。私も最近知りました!

旅館のサービスには、日本人のおもてなしの極意が詰まっていると言われています。好き嫌いはあるかもしれませんが、機会があれば、ぜひ体験してみてください。そして私にオススメを教えてください。

 左弥寿子(ひだりやすこ)