あいうえおブログ!〈へ〉……「凹む」

Posted by on September 14, 2018 – あいうえおブログ!

あいうえおブログ!「凹む」の英語版はこちら

凹む

皆さん、この記号を見たことがありますか?実はこれは漢字の一つです。「へこむ」と読みます。これは山や川と同じように“象形文字”ですが、どんな意味なのでしょうか。「凹む」の例を見てみましょう。

1. 車が壁にぶつかって、車体が大きく凹んでしまった。

2. ずっと畳の上にテーブルを置いていたので、畳が少し凹んでいる。

3. このボールは柔らかいので、押すと凹む。

もうお分かりですね。このように、外から強い力が加わったりして、一部が穴が空いたようになる時に言います。とてもわかりやすい漢字だと思いませんか?

ちなみに、「凹む」は自動詞なので、「(モノが)凹む」と言います。他動詞は「(人がモノを)凹ます」です。皆さんも、水着を着た時におなかを凹ました経験はありませんか?

実は、この凹むにはもう一つ別の意味があります。

(会社で)
A:Cさん、さっき部長に叱られて凹んでるみたいだね。
B:あんなに強く叱られたら誰でも凹むよ。

わかりましたか?そうです。「(人に怒られたときや、ショックなことがあったときなどに)“一時的に”気持ちが落ち込む」という意味です。「強い言葉や衝撃に押されて心が凹んでしまった」とイメージするとわかりやすいかもしれません。この使い方の「凹む」は実は俗語ですが、若者に限らず広く使われています。

ちなみに、「落ち込む」と「へこむ」はとても似た言葉ですが、「落ち込む」は「へこむ」より気持ちが深く沈んでいる様子を表し、「悩む」の意味に近いです。

〇自分のせいで試合に負けてしまったと言って、彼はずっと落ち込んでいる。
△自分のせいで試合に負けてしまったと言って、彼はずっと凹んでいる。

皆さんは心が凹むことがありますか?そんなときは、ボクシングジムに行って、サンドバックを凹ますことで元気になるかもしれませんよ。

Coto Japanese Academy 講師
田中久美

今回の著者田中久美先生は、ビジネス日本語コース、JLPTのN1クラス、インテンシブコースを担当されている中上級学習者に大人気の先生です。今はベトナム語の勉強にはまっています!

Coto Japanese Academy コト・ジャパニーズ・アカデミーは、東京および近県に住む海外の方向けに生活のための日本語レッスンを提供している日本語学校です。日本語プライベートレッスン、週1~2回の日本語グループレッスン、週5日の日本語インテンシブコースがあります。ご興味のある方はぜひお問い合わせください。

Need furigana? Please try Google Chrome and Extension “IPA Furigana