2878963346_bb0347f923_o-e1444715243153-690x460

「ガチ」ー おもしろ日本語紹介

Posted by on November 27, 2015 – 日本語いろいろ

ガチ、ガチでーおもしろ日本語紹介

英語の記事はこちらから!

外国語のスラングを勉強すると、語彙の向上に役立つことがあります。スラングには社会に対する一般人の面白い視点が隠されていることが多いからです。今回は「ガチ」「ガチで」を通して日本語のスラングを学びましょう。

相撲を見たことがありますか。私はとても感銘を受けました。ほとんどの場合、取組は瞬時に決しますが、力士がぶつかり合う音は場内に響きわたります。その衝突音を表す日本語のオノマトペが「ガチン」です。「ガチン」は「衝突」の他、「げんこつ」を指します。

「ガチン」の語源は「ガチンコ」で、「真剣な勝負」「白熱した戦い」「乱暴な衝突」等を意味します。2000年代後半、日本の若者は「ガチ」「ガチで」を普段の会話で「本気で」「真剣に」と同じ意味で使うようになりました。「ガチ」は「ガチで」の短縮形です。

「ガチ」は自分の意見を強く主張したり、重要な局面を表すときにも使います。特に、口語体で「真剣な」を表す「マジ」に代わる言葉として、若者の間で広く使われ始めました。

いくつか例文を見てみましょう。

例:「このお笑いコンビ、ガチで面白い!」

例:「○○大学の学食のカツカレーって、ガチで辛いよね。」

例:「ここのお店のたぬきうどん、ガチでしこってるな~」

もしも、ある友人が「ガチでダイエット中」と言えば、それは「真剣にダイエットをしている」、そして「ガチけんかをしている」は「本気でけんかしている」意味になります。

なお、「ガチ」「ガチで」を使うのは友人や気心が知れた人たちとの会話に限るべきです。

 



実践的な日本語が学べる!日本語プラス