wysiwyg_c1b0b175a9605b1aefd1

あいうえおブログ!〈と〉……「とりあえずビール!」略して「とりビー」?

Posted by on July 6, 2018 – あいうえおブログ!

「とりあえずビール!」の英語ページはこちら!

みなさんは居酒屋に行ったことがありますか。友達と居酒屋に入って、「さぁ、まず一杯目は何を飲もうかな」と言ってメニューを開くと、メニューには、サワー、日本酒、ウィスキー、カクテルなどたくさんの飲み物が書いてありますね。

「どれにしようか…もう、早く飲みたい!」
「う~ん、いろいろあるけれど、考えて注文するのは後にして…とりあえずビール!」
「じゃあ、みんな、とりビーで」


「とりあえず」ということばは、「取るものも取りあえず」ということばからできました。

取るものも … 手に取って(持って)行かなければならないものも
取りあえず … 手に取って(持って)行くことができない

( 「あえず」は、「~できないで」という意味の古い言い方です。)
つまり、「持って行かなければならないものも、持って行くことができないくらい急いで」という意味になります。

この、「とりあえず」ということばは、実は使い方に気をつけなければならない「危ないことば」です。

【会社の会話】
トムさん:部長、今朝、部長から言われたプロジェクトの計画書をとりあえず作りました。
鈴木部長:ん? とりあえず? とても大切なプロジェクトだぞ! 「とりあえず」じゃだめだ!


「とりあえず」には、良い意味と良くない意味があります。

①  彼女との結婚が決まりました。知らせたい人はたくさんいます。とりあえず、二人の結婚を応援してくれた親友の木村さんに、知らせよう。

② 先輩から仕事を頼まれたけど、嫌いな先輩だから、とりあえず「時間があったらやっておきます」と答えました。

①は、良い意味で「まず第一に~」という意味です。②は良くない意味で、「ちゃんと考えないで、そのときは~」という意味になります。

【会社の会話】で、トムさんはいろいろな仕事があるけれど、とても大切なプロジェクトの計画書を「まず第一に」作ったのですが、鈴木部長は、「ちゃんと考えないで急いで作った」と思ってしまいました。「とりあえず」は、今の日本語では、「ちゃんと考えないで急いで~」の意味で使われることが多いです。ですから、仕事の会話などではあまり使わない方がいいでしょう。

日本語には、このような「危ないことば」がたくさんあります。怖いですね…。
あっ! でも、みなさん、日本や日本語を嫌いにならないでください! いろいろな難しいことを考えるのは後にして、とりあえず日本語の勉強を楽しみましょう!

Coto Language Academy 講師
松本重美

今回の著者は松本重美先生。松本先生は中学校の国語教師を23年勤めた日本語のプロです。Coto Academyでは中級レベルのインテンシブコース、ビジネス日本語コース、N1対策コースの担当の他、教材開発も担当されています。

Coto Langauge Academy コト・ランゲージ・アカデミーは、東京および近県に住む海外の方向けに生活のための日本語レッスンを提供している日本語学校です。日本語プライベートレッスン、週1~2回の日本語グループレッスン、週5日の日本語インテンシブコースがあります。ご興味のある方はぜひお問い合わせください。

Need furigana? Please try Google Chrome and Extension “IPA Furigana