ce00cb5f94716e6848964a9a57b98058_s

あいうえおブログ!〈あ〉→ありがとうの意味は?

Posted by on February 1, 2018 – あいうえおブログ!

English

みなさん、こんにちは!今日から「あいうえおブログ」が始まります!

Cotoの先生やスタッフが、日本語や日本文化についてブログを書いていきます。なぜ「あいうえおブログ」という名前なのかというと、第1回目は「あ」から始まる言葉、第2回目は「い」から始まる言葉……と、話題が「あいうえお」の順番に進んでいくからなんです!だから、続けて読むと面白さ倍増!「次はどんな言葉かな?!」と予想しながら楽しんでくださいね!

さて記念すべき第1回目は、たくさんの人が使う素敵な言葉が良いなぁ~と思い、「ありがとう」を選びました。外国に行って一番最初に覚える言葉!相手を笑顔にする言葉!とにかく困ったら使ってみる言葉!ですよね。そしてある調査によると、「(日本人女性が)彼氏に求めている言葉」の第1位は、2位に大きく差をつけて「ありがとう」なんだそうです。(日本人男性……彼女に「ありがとう」を言ってあげてください ( ノД`)シクシク……)まぁとにかく、みんなをハッピーにする「ありがとう」を、日本の生活の中でぜひ使ってくださいね。

さてそんな「ありがとう」ですが、漢字では「有り難い」と書きます。これは、元々は仏教の言葉として使われていて、「有る(ある=存在する)」ことが「難しい」という意味で、「めったに存在しないこと」「珍しくて貴重なこと」を指していました。つまり、「他人から何かしてもらうことは、めったにない貴重なことなんだよ」ということです。「ありがとう」という言葉は、日常にあふれています。家庭でも、学校でも、職場でも、コンビニでも。でも、この元々の意味を思い出すと、家族の手作りの夕食や、仕事仲間の親切や、JLPT前のCotoの先生の励ましなどに対して、「こういう一つ一つが貴重なことなんだ!」と思えて感謝の気持ちが深まるかもしれませんよ!

さてそれでは、最後にクイズです。ここまできたら分かるはず!「ありがたい」の対義語は何でしょう……?

答えは、「当たり前」です。めったにないこと・貴重なことだという気持ちがなくなると、「そんなの当たり前!あって当然!」となってしまいます。「当たり前」だと思っていることほど、失ってしまうとそのありがたさがわかるもの。「ありがとう」の言葉で、大切なものに感謝を伝えていってくださいね。パートナーにいつも「ありがとう」を言っていない人は今日すぐに言うこと!(笑)

Coto Staff

根津綾奈

記念すべき第1回目の著者の根津綾奈さんは、2018年2月より麻布十番のCoto Japanese Club勤務。塾などの教育業界で長く採用や研修業務に関わる。2017年より初めての日本語教育業界となるCoto Academyに入社。得意は日本酒ワークショップ!

Coto Langauge Academy コト・ランゲージ・アカデミーは、東京および近県に住む海外の方向けに生活のための日本語レッスンを提供している日本語学校です。日本語プライベートレッスン、週1~2回の日本語グループレッスン、週5日の日本語インテンシブコースがあります。ご興味のある方はぜひお問い合わせください。